2018年05月08日

妊活開始~二度目の妊娠


円錐切除術後、二度目の術後経過検診。(コルポ診)
今回も何も無く、先生から妊活開始OKと言われ、妊活を開始!
34歳。

排卵日チェッカーも買ってみた!
(24時間以内に排卵が起きるというのを予測するという検査薬、処方箋の取り扱いのある薬局で自由に買えます。)

私は術前、ほぼ周期が安定していたのに、術後、やはり生理周期は不安定になった。

不妊というリスクも、という事前説明も受けていたし、なるべくまた早く妊娠したかったので、排卵日チェッカーを初めて使ってみることに。

事前に、生理周期から、このあたりで排卵するだろう、とあたりをつけて、その3日前くらいから排卵日チェッカーを毎日同じ時間帯に使う。
そうすると、ある日マークが出るように。そしたら、その24時間以内に排卵が起きるよということ。

私の場合。

使っても使っても、一週間経ってもマークが出ない…。

なんで?

私の体、排卵しなくなっちゃったのかな?!

なんて不安になるも、毎日チェッカーを使うのが疲れてきて、使用中断。

そのうち…

あれ?もしかして…

下腹部にチクチクとした痛みを一日感じる日があり、そのあと、お腹の中に何かが居る感じがあり、
これはもしや妊娠してるのでは、と感じる。

排卵日チェッカー、、使い出すのが遅かったみたいです。w

もうすでに排卵が終わった後で、使い出していたため、マークがいつまでたっても出なかったのでありました。

周期が不安定になっていたからね。使い始めるタイミングを完全に読み間違えたみたいです。
だから計画的にではないけど、日ごろの、普段通りの旦那さんとの仲良しで、自然に妊娠してたという事でした。

生理が来ないし、お腹の中に何かが居る感じが続くから、多分そうだと思い、妊娠検査薬を試すと、陽性!

病院へ行くと胎嚢確認。

だるい、眠いが始まり、6週ごろには本格的に吐き気が。。つらいつわりの始まり。
つわりについては次の記事で詳しく書こうと思います。

8週で心拍確認。

以前、稽留流産を経験しているから、心拍確認後も、毎回の検診が不安で不安でたまりませんでした。
赤ちゃん生きてるかな、大丈夫かな。そんな想いで検診に行き、エコーで元気な姿を見ては胸を撫でおろし。

妊娠後も一度、術後半年のコルポ診を受け、結果も良好でした。

そして順調に妊娠生活を送り、安定期に入り、徐々に微動ではあるが胎動を感じるように。

最初は胎動を感じる日もあれば、なかなか私が気づけない日もあって、気づけない日は、また赤ちゃん生きてるかな、って不安になってしまい、これ買いました。



自宅で、胎児の心音を聞けるという。
こんなものがあったなんて!

不安になっても、胎児の心音が確認できれば、一安心することが出来ます。
私は検診と次の検診までの間に不安になっていたので、不安になったらすぐこれを使って、胎児の心拍数を計ったりしました。

不安になってもいい事ないので、もし不安になってしまう妊婦さんが居れば、こちらの商品ぜひおすすめしたいです。

そして、日に日に胎動も力強くなり。

現在8か月目。

お腹も大きくなってきて、腰が痛いのでほぼ毎日妊婦帯使ってます。


それと、安定期に入ってからは体重制限難しくて(つわりが終わると食べ物が美味しい&お腹が空く)

2~3日に一度はマテニティヨガを自宅でやるようにしています。


先生には、太りすぎると産道が脂肪で狭くなり、帝王切開になってしまうから体重は増えすぎないようにと指導されてますが、
なんか妊婦って、お腹が空くんです。糖分とかおいしいんです。
つわりも終わると、食べることが幸せなんです。そしてホルモンの関係で脂肪がつきやすいんですって。

先生からは、歩いてもカロリー消費は微々たるものだからほとんど意味ないです、方法としてオススメなのはマタニティスイミングと、ヨガと、食事制限です。と説明されました。

私は泳げないし塩素アレルギーなのでプールはダメです。
なのでヨガと、食事制限は、がんばっています。
それでもやっぱりどんどん太ってしまうので、たまに注意され、また気を付けて、という感じです。

先生に、手術をした子宮頚管は特に問題ないと言われ、順調に胎児は大きくなってきてくれて、ようやく不安も拭えそうです。
まだまだ何があるか分かりませんが、真夏には待望の第一子と会える予定です。

色々とあったけど、こうしてまた妊娠できて良かった。

まだまだこのブログには、経過を書いていきたいと思います。
posted by mizukiTOMODA at 20:53| Comment(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。